概要

葬儀業界とは

少子高齢化に伴い、今後も安定的に成長するであろう業界の1つである葬儀業界は大きく分けて2つの状況下によって情報を求められます。

1つは生前に情報収集をする、いわゆる「終活」の段階です。以前までの葬儀にまつわる契約関係は地域に根付くかかわりの深い業者が選ばれる傾向にありましたが、多様な在り方が注目され始め、自身の納得いく契約をするため地域が同一であるという条件だけでは業者を選ばなくなってきています。

2つ目は緊急性の高い状況下で即対応をしてくれる業者を求めている場合です。この場合は逆に地域で即対応をしてくれ、かつ的確なアドバイスを提供できる業者を探しているため、ユーザーの目につくところに情報を置いておくことが必要です。

なお、2030年に向けて葬儀件数は20%ほど増加する見込みが立っていますので、これら2点のユーザー目線のWebサイト作りを心がけると良いでしょう。

参考)株式会社冠婚葬祭総合研究所-「葬祭単価の低下が互助会業界に与える影響」の調査研究

JNEWS.com-国内ネットビジネス事例 ホームページを集客の要とする葬儀業界のオンライン戦略

業界動向サーチ-葬儀業界

この業界の注目ポイント

  • 地域性が非常に大事な業界になります。見出し/タイトルに地域名を入れわかりやすく、また場所へのアクセスやどのような設備があるのかを特に注力して記載しましょう。
  • 急な出来事によりご相談いただくケースが多い業界でもありますので、プラン内容や料金等の詳細情報までたどり着きやすい導線配置についてもこだわりましょう。
  • Webマーケティング手法の主流がSEMの業界となりますので、予算に余裕がある場合は繁忙期(冬期)だけでもリスティング広告を実施し、掲載上位にて流入数を担保するのがおすすめです。
  • 葬儀時のマナーや、用語などを解説するコンテンツを展開できればなお一層良いWebサイトとなるでしょう。

ページの一番上へ